便秘解消によい腹筋運動で正しい位置に内蔵を!

乳酸菌は、善玉菌を増やして腸内環境を良くして便秘解消をする!というのは、よく聞きますよね。最高の組み合わせとタイミングがあるのをご存知でしたか?

夕食後のタイミングでヨーグルトとサツマイモの組み合わせは翌朝から効き目があるとされています。また、発酵食品も良いとされていますね。

例えば、納豆やキムチなど副菜として食べられるものを毎日の食事に取り入れるだけでもいいですよね。食べ物で腸内環境を変えようとするのは、日々の習慣を変えることも必要です。

そうは言っても食べられないものを無理に食べて変えなさいということではないですかね。フルーツが好きであれば、グレープフルーツとヨーグルトの組み合わせで召し上がることもお勧めいたします。まずは、習慣できる食べ物を選んでみてくださいね。

便秘解消によい腹筋運動

hushus

便を排出するには、横隔膜と腹筋を使っていることをご存知ですか?押し出す力がないと、溜まったものを排出することもできないのですよ!これも毎日の積み重ねで1日、10回の腹筋を頑張ってみましょう!

初めの1回が辛いというのは、それだけ筋力が衰えている証拠です。便秘になり便秘薬に頼る生活から脱却しましょう!

外側から内側を刺激

雑誌や本を読みながらできる簡単な運動をご紹介しますね。運動と言う程ではないのですが、うつ伏せになり、両手の肘を床につきます。

お腹の部分をしっかり床に密着させた状態にします。両足を肩幅に開きつま先を立て足の指を床につけます。上下に体を動かして床にお腹をつけて刺激を与えます。

1、2分続けた後、仰向けになり指3本を使い大腸(外側)から小腸(内側)の流れに沿って腸を強めに押します。刺激が与えられている時は、指でお腹を押した時、キュルキュルと音を立てる場合があります。また、すぐに便意を感じる人もいる簡単な運動なので、トライしてみてくださいね。

正しい位置に内蔵を!

年齢を重ねるごとに、生活習慣、仕事など姿勢を意識して過ごすことはないですよね。その姿勢の悪さで内臓が正しい位置にないことも便秘になる原因のひとつなのです。

内臓を正しい位置に戻す簡単な体操があります。体操と言っても、テレビを見ながらの「ながら体操」1日3分でいいのです!毎日3分のながら体操をご説明しますね。

まず、両足を肩幅に開き、両手を骨盤におきます。初めに右回転を意識しながら腰を回します。その時の注意として、頭や足も一緒にフリフリしないようにしてください。あくまでも内蔵の位置を元に戻すイメージで腰を回してください。右回りをしたら、左回りもしてください。合わせて3分を毎日トライしてくださいね。