腸内フローラを整えて便秘を解消

腸内フローラとは

フローラ=お花畑という意味で、腸内にいる細菌の割合を色分けしたものです。

腸内の菌をざっくり分けると善玉菌と悪玉菌、そして環境により善玉菌にも悪玉菌にもなる日和見菌の3グループに分けることができます。理想的な腸内フローラのバランスは、善玉菌(乳酸菌など)2:悪玉菌(ウェルシュ菌)1:日和見菌(バクロテロイデスなど)7の割合が良いとされています。

吹き出し見出し
善玉菌(乳酸菌など)2:悪玉菌(ウェルシュ菌)1:日和見菌(バクロテロイデスなど)7

腸内フローラを整えると

jisjijs
腸内フローラのバランスが整っていると、腸の動きが活性化して快便になり、お肌の調子が良くなるのでお肌はつるつるになります。アレルギー症状も3割ほど改善が見込めるそうです。

当然、身体の調子は良くなりますので、幸せホルモンが分泌されて気分もポジティブになります。

気分がポジティブになると、腸が活性化されて身体中に栄養が行き渡るようになり、代謝も良くなるので結果痩せやすい体質になります。

腸内フローラが乱れると

生活習慣で腸内フローラが乱れると身体に不調が出てきます。

例えば、お肉ばかり食べている方は善玉菌1:悪玉菌4:日和見菌5というように日和見菌が悪玉菌に変わってしまい善玉菌が少なくなってしまいます。悪玉菌が善玉菌より増えてしまうと、便秘気味になり、便・おならが臭くなります。

更に運動不足と間食ばかりしている方は、善玉菌0,5:悪玉菌5:日和見菌4,5と善玉菌が極端に少なくなります。

こうなると、下痢にも便秘にもなりやすい状態になって病気になるリスクが高まってしまいます。

腸内フローラを整える方法

腸内フローラを整えるには、毎日ヨーグルトを食べるだけではたりません。ヨーグルト以外の納豆、醤油、味噌、キムチ、甘酒などの発酵食品からも納豆菌や乳酸菌を取ります。1種類ではなくいろんな種類を接種することが大事です。

こうしていろんな善玉菌が接種できますが、善玉菌も餌がなければ増えることができません。善玉菌の好物は食物繊維なのですが、野菜や根菜だけではなく果物や海藻も摂取するのが良いです。

野菜や根菜も食物繊維を摂れるのですが不溶性食物繊維ですので、こればかり食べているとさらに便秘が悪化してしまう可能性があります。

果物や海藻の水溶性食物繊維1:不溶性食物繊維2の割合で摂ることが大事です。腸が活動するのは寝ている時なのでその時に、菌が腸内で活動できるように善玉菌プラス餌を寝る前に摂ることが効果的とされています。

ヨーグルトは朝よりも寝る前に摂るほうが身体に効果的です。ヨーグルトと一緒に大根で水溶性食物繊維をとるとより効果的です。ごはんなどの炭水化物を食べることが多い方は冷えたごはん(炭水化物)を食べるようにするとレジスタントターチという食物繊維を摂ることができます。腸の体操をすることも腸がよく動くようになり整えることにつながります。

さらに、オリゴ糖を摂取することで、これらの栄養素を活発化させて効果を高めることができます。

善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を十分に摂って、同居人である腸内細菌と協同して健康を作ることが大切です。

引用 腸内細菌と健康 | e-ヘルスネット 情報提供

右手は骨盤のすぐ上に左手は肋骨のすぐ下におき、モミモミしながら腰を左右に8回ずつ回す体操をすることにより動きが鈍くなった腸も活性化されます。